株式投資での見逃せない情報を毎日発信しています。 お金がお金を生むのはチョウ快感かも?短期投資?デイトレート?何でもおまかせ下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急騰パターンを自分のものにしておこう!
商品無料仕入戦隊『電脳卸』
BBS7.COM
MENURNDNEXT

急騰パターンを自分のものにしておこう!

株式投資で急騰を発掘して上手く買えた時の喜びは何とも言えないものです。
株式投資を長年やっていると、たまたま買ったが急騰して
思わぬ大きな利益を手にした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、なぜ急騰したか、色々後講釈で材料は出てきますが実際のところは分からないものです。
でも、よくよく見てみると急騰するにはパターンがあります・・・。

今日はそんな急騰を演じた銘柄の値動きから特徴を見出し、
今後の貴方の株式投資に役立てるためのお話です。

今回は、一番ポプュラーな値動きを紹介します。

貴方も、よく聞く形として「持ち合い」という株式用語はご存知と思いますが、
この持ち合いの典型的なのが「三角持ち合い」と呼ばれているものです。

これは、チャートで見たとき、三角のフラッグがはためいているように見えます。
この他にも、よく「ボックス圏」で動いていてなかなかボックスの高値を抜けない場合があります。
これも持ち合いの一つと考えられます。

この持ち合いの抵抗線を上に抜けた場合は、大きく株価の水準訂正に入り高騰します。
銘柄ではありませんが、過去の日経平均の動きに注目してみてください。
週足チャートの2004年2月から2005年8月まで長期のボックス圏でしたが、
2006年8月第2週に、長い1年6ヶ月のボックス圏を上放れてからの値動きは貴方もご承知のとおりです。

相場格言にある「持ち合い離れにつけ」ですね!

今回の例は、長期でしたが、日足の短期チャートでボックス上放れ後に
株価が急騰することがありますので、一つのパターンとして覚えておきましょう。

-----------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
デイトレイ分析表作成マニュアル

これから株式投資を始めたい人、

【稼ぐ投資家】になりたい人は!
   ↓↓
まずは無料レポートから!

稼ぐ、株式投資最初の第一歩
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 稼ぐ!【株式投資日記】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。