株式投資での見逃せない情報を毎日発信しています。 お金がお金を生むのはチョウ快感かも?短期投資?デイトレート?何でもおまかせ下さい。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の株式市場で注目すべきテーマ!

今年の株式市場のテーマの一つにM&A(企業買収)又はTOB(株式公開買付)があります。
投資家サイドとしても見逃せないテーマです。


昨年は、ライブドアーや楽天のフジテレビ、TBSの買収劇は記憶に新しいところです。


そこで、今日は狙われやすい企業を知っておいて儲けの種にしようというお話です・・・。


もし貴方が、企業を買収しようとする側の経営者でしたら、ゼロから新事業を立ち上げるよりも、
業界でもそれなりに成功している企業を買収して、自己の企業を伸ばす方がスピードが速く、
しかもリスクも少ないと思うでしょう。


そこに既存企業の買収の大きなメリットがあるのです。


しかし、もう一方、企業の成長のためではなく純粋にキャピタル・ゲインを目指すために
株式を買い占める場合もあります。


ヘッジファンドなどの買収行動は、このような投資行動に当てはまるものといえます。


彼等は、対象となる会社の保有する資産に目をつけて買収し、
企業価値を高めて(又は売却価値の高い会社買収して)売却するのです。


特に、資産(現金が豊富)の豊富な会社で市場価格(価)が安い会社は狙われやすいのです。


例えば、一主資本よりも極端に株価が安い会社で、固定資産の価値が毀損していない
(評価損のない)会社は、もしその株を当該価格で買ったら、
買った時点でもう利益がのっていると同じです。


極端なことを言えば、その時点で買収して会社を解散すれば、
残余資産の分配にあずかるだけで儲かるのです。


株価が暴騰する前に、このような会社を探して仕込んで置いたら、
貴方は儲かることが保証されたも同然です。


ヒントは「現金同等物」が多く、株価が「一株株主資本」よりも安い銘柄です。


-------------------------


主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
   ↓↓
■<a href="http://infostore.jp/dp.do?af=koutarou7127&ip=masa12&pd=4">超短期投資分析表作成マニュアル</a>


デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
      ↓↓
■<a href="http://infostore.jp/dp.do?af=tyukou1943&ip=masa12&pd=11">デイトレイ分析表作成マニュアル</a>


これから株式投資を始めたい人、
   ↓↓
■<a href="http://surf.arrow.jp/094/">まずは無料レポートから!</a>


【稼ぐ投資家】になりたい人は!
   ↓↓
■<a href="http://infostore.jp/dp.do?af=tyukou1943&ip=masa12&pd=8">稼ぐ、株式投資最初の第一歩</a>

スポンサーサイト

株式バフェット流投資法!
商品無料仕入戦隊『電脳卸』
BBS7.COM
MENURNDNEXT

ウォーレン・バフェットという名前は貴方も一度は聞いたことがあるのではないかと思います。

彼は毎年アメリカの長者番付に出てくる「株式長者」を地で行く人です。
ここでは彼の経歴についての話しではなく、貴方に参考となる彼の投資法の話しをしましょう・・・。

かれの投資法は「バリュー」をある基準に従って発掘し、
そのが大きく成長して利益が十分に乗ってから売却してキャピタルゲインをえる方法です。

「バリュー」と言うのは、優良で将来性のある企業のが、
実質的な価値(「一純資産倍率」PBR)以上に売り込まれて、
安値に放置されている銘柄のことです。

株式の価格は人気投票の要素が強いので、ある一時期実質価格以上に売り込まれる場合があります。

しかし、長い期間で見ていくと必ず実質価格に収束して行くものです。
もし、その企業が何らかのきっかけで、成長性や好材料が投資家に認識されれば、
瞬く間に人気がでて実質価格の2倍以上の価格がつく場合もあります。

バフェットの狙う株は、このように、潜在的に成長性を内包し、
実質価値よりも売り込まれて、安値で放置されている企業の株に投資する方法です。

この方法ですと、実施価値よりも株価が何時上回ってくるかは、
予測が難しいといえます。もしかしたら1週間後かもしれませんし10年かかるかも知れません。

これが、バフェット流は「長期投資」といわれるところでもあります。

でも元々価値のある株を安く買っているのですから、
特別の悪いことが起らない限り買った時点から含み益がでている訳で、
後は「果報は寝て待て」ということなのですね。

------------------------

稼いでいる投資家が実践した
噂の投資法とは?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
デイトレイ分析表作成マニュアル

これから株式投資を始めたい人、
   ↓↓
まずは無料レポートから!

【稼ぐ投資家】になりたい人は!
   ↓↓
稼ぐ、株式投資最初の第一歩

上手な損きり値千金!
商品無料仕入戦隊『電脳卸』
BBS7.COM
MENURNDNEXT

昨今デイトレードが盛んになってきたのは、パソコントレードで売買手数料が大幅に安くなり
薄利でも回転売買が可能になったことに起因しています。

現物長期の取引で「身銭」を使っていなければ、例え引かされても戻ってくる
可能性にかけられますが、デイトレーダーでは・・・。

デイトレードでは、多くの場合信用取引で約3倍の融資を受けて投機している投機家が多い為、
基本的には彼等こそ「損の限界を設定」しておかないと大変なことになってしまいます。

それでは、彼等以外の一般投資家が「損の限界を設定」しなくても良いのでしょうか?

よく聞く言葉に「塩漬け覚悟で」とかいって損をこうむっても戻ってくるのを待てば良い
という悠長な方も見受けられます。

これは、日本経済が右肩上がりに伸びていた頃ならまだしも、
日経平均が38,900円から13年間かけて7,600円まで下がる過程で
「塩漬け覚悟で」持っていた方は資産が五分の一になってしまったということです。

多少戻した近年の価はまだ最高値の三分の一ですから何をかいわんやですね!

は100%では無い訳で100%に近づく分析法や投資法を常に研究することを怠ってはなりませんが、
やはり「損切り」のある一定の基準を設定しておくのが良いのです。

「損と思うから」切れないのであって、もっと良い(利益のでる)銘柄に
乗り換えると思えばそんなに損したとはかんじないでしょう。

特に仕手や材料の高いところで乗ってしまった場合などは一度下がったら
最低3年は次の相場はやってこないのが普通なのです。

そこで、例えば買値より10%下がったら損切るとかの設定をしておきます。

パーセンテージは自分で決めてください。

損をするのがいやで結局何年も塩漬けしている方もありますが
、下がって持っていても何年も戻らないものを持っているくらいなら、
今度は確実に直ぐに上がる銘柄を仕込んでおいた方が効率が良いということなのです。

------------------------

主観や感覚的に株式投資をするのではなく、
誰でも簡単に『買いポイント、売りポイント』が判断できる
投資法があったらいいと思いませんか?
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
デイトレイ分析表作成マニュアル

これから株式投資を始めたい人、

【稼ぐ投資家】になりたい人は!
   ↓↓
まずは無料レポートから!

稼ぐ、株式投資最初の第一歩

株式投資!当たり前だが売上高チエックの基本!
商品無料仕入戦隊『電脳卸』
BBS7.COM
MENURNDNEXT

前回、「四季報」の読み方で投資の安全をまず確保するための読み方で
「キャッシュフロー」についてお話ししました。

安全な投資のファンダメンタルズを確認しましたので、次は、
価に大きな影響力のある企業の収益性について「深読み」をしていきたいと思います・・・。

「会社四季報」の業績の欄を見ていますと。
時折、売上は減少しているのに最終利益は増加している銘柄にあたることがあります。
私は企業の一利益が前期比較で増加していれば良しとしていた時期もありました。

でも最近では、売上高のチェックも怠らないようにしています。

バブル崩壊後多くの企業の財務内容が疲弊し、日本経済はデフレの状態が続いていましたので、
企業の健全性を見る上で(営業キャッシュフローが増加)売上の伸びにも目を向けるようになりました。
財やサービスが売れない時代に、売上伸ばすことが出来る企業は、相当の底力がある企業だからです。

一方、売上が減少しているにもかかわらず、利益が増えている場合は「リストラ」や
「その他の経費節減」又は「資産売却」等で利益を確保しているわけで、
後ろ向きの利益という読みができるわけです。

企業は、「新製品」の売上増や「市場を創造」するような能力を持った企業でなければ
売上は伸びません。

前向きの利益が実現できている企業をピックアップするには、

まず、「売上チェック」ですね!

-------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル

デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
デイトレイ分析表作成マニュアル

これから株式投資を始めたい人、

【稼ぐ投資家】になりたい人は!
   ↓↓
まずは無料レポートから!

稼ぐ、株式投資最初の第一歩

株価が意味するとても大切なこと!
商品無料仕入戦隊『電脳卸』
BBS7.COM
MENURNDNEXT

価は色々な投資主体(投資家)が様々な思惑で売買した結果、
たくさんの人々の総意で決まった企業の価値であるということです。

色々な人々の意見や考えが反映された結果ですから、その意味からすれば、
実はこの価こそが「極めて有効な指標」なのです・・・。

極めて有効ということは、現在の価が先に述べた価格形成の条件や経済的与件を織り込みながら、
過去における日々の取引の過程で、将来の価の方向性を暗黙のうちに示唆していると言うことなのです。

少々難しい言い回しになってしまいましたが、ここはまあそういうものなのかという程度の
理解でかまいません。

ここで忘れてはいけないことは唯一つ、過去から現在の価の推移が未来の価の方向を
示唆しているということです。
未来の方向(バイアス)は予測できても、株価を予測できる人はいません。

よくアナリストが株価予測を発表していますが、多くの予測の中には当たることもあるでしょうが、
まず当たり続けることはないでしょう。

そして、あなたは「上がるから買う」「下がるから売る」の繰り返しを素直に実行することが
大切です。

その結果として、いくら利益がでたかがあなたのパホーマンスです。

くれぐれも最初から「この株はいくらになる」など考えないことです。

せっかく利益がでても売りそこねて損をすることもあります。

--------------------------

売買タイミングを把握したい人はいませんか?
買い、売りのポイントが判断できれば稼げます!
   ↓↓
超短期投資分析表作成マニュアル
デイトレで勝つのは難しいのでしょうか?
その答えはここにあります。
↓↓
デイトレイ分析表作成マニュアル

これから株式投資を始めたい人、

【稼ぐ投資家】になりたい人は!
   ↓↓
まずは無料レポートから!

稼ぐ、株式投資最初の第一歩
Copyright © 稼ぐ!【株式投資日記】. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。